譜読みが苦手?

公開日: : レッスン

昨日のレッスンの終わりに、小3のれいかちゃんのお母さんとお話ししました。

「れいかは譜読みが苦手で」

そんな言葉が出てきたのですが、実際私がレッスンをしていてさほど譜読みに苦労しているようには見受けられないのです。

 

では、何をもって『譜読みが得意』と言えるのか?

考えてみたのですが、突き詰めるとそれは『初見力』になるのかな、と思います。

ぱっと楽譜を見て、すぐに演奏することが出来る力。

ピアノの演奏なのだから、楽譜が読めるだけでは使えない、楽譜が読めそれを音、音楽にする力。

そう考えると譜読みはとっても奥が深いです。

れいかちゃんは、バーナム1がもうすぐ終わりますが、バーナム位なら初見で音にすることが出来ます。

(もちろんテクニック的な要素は置いておいて)

でも、れいかちゃんが今1番弾きたいのはお母さんが弾いてるクーラウのソナチネや、モーツァルトのソナタなんです。

お母さんが弾いているのを見て、自分で楽譜を読まずに「教えて!」とおねだりするそうで。

 

れいかちゃんの場合弾きたい曲、もしくは弾ける曲と読譜力のバランスが揃っていないのでしょう。

実際ソナチネの冒頭部分は、お母さんの見よう見まねで弾けているのですから。

 

私は、レッスンの中でそのバランスをしっかり整えるようにしなければなりません。

リズムを読む力、音譜を読む力、鍵盤上で音にする力、それぞれを色々なアプローチで積み上げ、総合的に『譜読みが得意』な生徒を育てたいです。

 

今行っている「音程カード」もその一環。

まだまだ色々なアプローチを行っていきますからね!

 

 

関連記事

ピアノレッスンはコミュニケーションの場

こんばんは。 川越市ピアノ教室フルールのちかざわちずこです。   秋の陽

記事を読む

no image

プレゼント&お問い合わせありがとうございます

こんばんは。 川越市南古谷ピアノ教室フルールのちかざわちずこです。 ただ今秋の体験レッスンキ

記事を読む

no image

作曲のレッスンが続きました【小1の生徒さんの演奏動画】

こんばんは。 川越市南古谷ピアノ教室フルールのちかざわちずこです。  

記事を読む

初めて書いた楽譜

こんにちは。川越市南古谷ピアノ教室フルールのちかざわちずこです。 今日は4歳のあいるちゃんのレ

記事を読む

no image

コード奏法の後再び楽譜に戻った小学生の成長

コード奏法の後、再び楽譜に戻ってきた小学生の成長 こんばんは。 川越市ピアノ教室フルールのち

記事を読む

no image

出張レッスン?!

こんにちは。川越市南古谷ピアノ教室フルールのちかざわちずこです。 昨日は、音高3年生のAちゃん

記事を読む

「まるで桜が舞い散っているみたい」お母さまのアドリブ感想

こんにちは。 川越市南古谷ピアノ教室フルールのちかざわちずこです。 南古谷駅徒歩4分のピアノ

記事を読む

no image

年長さんレッスンスタート

年長さんレッスンスタート こんばんは。 川越市ピアノ教室フルールのちかざわちずこです。

記事を読む

魔女先生です

魔女先生です こんばんは。 川越市ピアノ教室フルールのちかざわちずこです。 昨日の記事

記事を読む

no image

調律して頂きました、そしてレッスン

こんにちは。 川越市南古谷ピアノ教室フルールのちかざわです。 今日はピアノの調律に来て頂きま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner
PAGE TOP ↑