ピアノをお勧めする理由

「ピアノが習い事にいい」と言われる本当の理由

最近、明石家さんまさんが司会を務める「ホンマでっか!?TV」に出演されている脳科学者の澤口俊之先生が、習い事の質問でこのように、おっしゃっていました。

「1番習い事としていいのはピアノです。指を動かす、先を読む、暗記する。全て脳の働きを高める。ピアノを習っている子は頭がいい。さらに、ピアノを習うとキレにくくなる」

また、アインシュタイン・ファクターという本の中では、「初見で楽譜を読む訓練や絶対音感がつく訓練によって、IQ が永続的に10ポイント上げられる」と書かれています。

banner

ピアノを演奏するということは、

① 楽譜を目で見て

② 脳がその情報を理解して身体各部に指令を出し

③ 指をコントロールしてピアノを弾き

④ イメージどおりの音になっているか耳で確かめつつ、目は次の音符を追いかける

この4つの動作の流れを瞬間的に連続して行っています。

ピアノを弾くと、頭がよくなると言われているその理由は・・・。

脳トレーニングなんです。

ピアノが上手な子の脳はワーキングメモリーと呼ばれている能力が発達し、
演奏時に両手をコントロールするので、脳全体が活性化するそうです。

また、ピアノには暗譜という楽譜を記憶するという作業があります。

発表会では、基本的に全員暗譜で演奏をしています。

 

暗譜とは・・・
ただ楽譜に書いてあることを覚えるのではなく、
演奏者が楽譜からのメッセージをもとにストーリーを作り、
それをもとに再現すること。

この暗譜の訓練が、すべての勉強に必要な暗記力を鍛えます。皆さんも、学校に通っていた頃、暗記をすることに大変な思いをしたことがあるのではないでしょうか?

頭のいい子達は、暗記も得意です。

ただこれは、できるだけ短い時間で記憶するコツを知っているから得意なのです。
ただの丸暗記では膨大な量の知識を記憶することはできません。
頭のいい子達は、それぞれにストーリーを作り、それに沿って記憶することをしています。

例えば、子供の頃、寝る前に絵本などの物語をお母さんから聞いていると、
いつの間にか、すべてを覚えてしまったことはありませんか?

これには、2つの理由があります。

●1つ目、寝ている間に、脳は記憶の定着・整理をしています。
よって寝る前は、記憶しやすい時間帯になります。
●2つ目、物語だから記憶しやすいのです。
ストーリーになっていると、出来事を関連付けて記憶できるので、
意味を理解しないで記憶する丸暗記と比べて、効率的に記憶することができます。

暗譜をする訓練によって、ストーリーとして記憶していく方法を学びます。

よって、ピアノを習うことによって、
どの勉強にも活用できる効率のいい記憶方法を覚えることができるようになります。

東大合格者100 人のアンケートで、小学校時代にやっていた習い事は、
英会話、そろばんなどをしのぎピアノがダントツで1番という結果がでています。
半数以上の52 人が小さい頃にピアノを習っていた経験があり、
特に女子の合格者24 人中20 人が、ピアノを習っていたとのことでした。
これには、私も驚いてしまいました・・・。


公開日:
最終更新日:2015/06/02

  • banner banner banner
PAGE TOP ↑